英語「soとsuch」違いと使い分けルールを中学生向けにまとめ

英語の並び替え問題頻出「so」と「such」の違いと使い分けををまとめました。中学生向けに簡単にわかりやすく、ルールも学べる記事なのでテスト対策に役立ててください。

suchとsoの基本と意味

「such」と「so」は副詞の働きで日本語訳(とても)という意味があります。あなたも馴染みのある「Very」と意味が似ています。日本語から考えると意味がほとんど同じなら、書き換え可能、またはどっちを使っても大丈夫と思います。しかし、「such」と「so」は正しく使い分けするためにルールがあります。

副詞の基本

副詞の基本的なルールを確認します。副詞は基本的に形容詞、動詞、その他の副詞を修飾します。

  • You are so beautiful.(あなたはとても美しい。)
  • He can run very fast.(彼はとても早く走ります。)

上記例文の場合、soは形容詞を修飾している副詞です。また、fastは(早く走る)動詞を修飾している副詞です。veryはfast(副詞)を修飾しているので、その他を修飾する副詞です。

ちなみに修飾するとは•••••他の内容を詳しく説明すること

soとsuchの違い

副詞の基本的な3つのルールの中で、「so」と「such」は主に形容詞を修飾する副詞として使います。2つの使い分けは単語の語順にどちらを使うのか決まります。以下を確認してください。

soとsuchの使い分け:

so+形容詞+(冠詞)+名詞

such+(冠詞)+形容詞+名詞

形容詞と冠詞の位置によって「so」、「such」どちらを使うのか決まります。日本語訳はどちらも共通で(とても〜です。

例:This is so nice a flower.(これはとてもすてきな花です。)

例:This is such a nice flower.(これはとてもすてきな花です。)

soを使った英文ではnice(形容詞)がa(冠詞)より前の順番であることを確認してください。一方、suchを使った場合、nice(形容詞)がa(冠詞)の後ろになっています。語順を並べ替える問題で頻出です。しっかり確認しましょう

soが使えないパターン

soとsuchの使い分けを紹介しましたが、語順を並び替えても「so」と「such」が書き換え可能できないパターンがあります。

例(可算名詞の単数形の場合)→soとsuchは書き換え可能

such a good pen →so good a pen

例(可算名詞の複数形の場合)→soとsuchは書き換え不可

such good pens  →so good pensとはならない)

企業向けHP/個人向けブログ|無料制作サービス6月30日まで

ホームページ・ブログ制作依頼に高額料金を払っていませんか?

フリーランス・個人事業主だからこそ無料でできるサービス。もちろん、無料だからといって質の心配無用。多数の企業様とのご依頼経験を積んだプロによるサービス。

今回は指定のサーバーに契約していただ人のみ限定のサービスとなります。たったこれだけの条件でHPやブログを運営可能。

・おしゃれなHPで集客したい・お店の商品をネットで販売したいなど

・学生・主婦が隙間時間にブログで稼ぐのは当たり前の時代!コソッとバレずに副収入を稼ぐノウハウもご一緒にプレゼント!

今回の企画は6月30日までの期間限定となりますので、お早めのご依頼お待ちしております

※現在、多数のご依頼をいただいております。

依頼をご希望の方に関してはお問い合わせよりご連絡ください。基本即日対応させていただきますが、納期につきましては多少前後することがありますのでご了承ください。

※初めてホームページを依頼するという方も安心してご相談くださいませ。

初めてで分からないのはお客様皆様ご一緒です。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

おすすめの記事