間接疑問文|初心者向けにわかりやすく基本から例題使って解説

間接疑問文を初心者向けに例題を使って詳しく解説まとめました。疑問文と間接疑問文の違いを基本から解説しています。英語が苦手な人向けの記事内容です。

間接疑問文とは

間接疑問文は疑問文と似ているでちょっと違います。たとえば、道ばたで人に道を聞くときに、「すみません、〜駅はどこか知ってしますか。」または「〜は誰か知っていますか?」と質問んすると思います。唐突に、「〜はどこ」。または「〜は誰か知っている。」と知らない人には聞かないでと思います。

これが疑問文と間接疑問文の違いです。いきなり相手に質問を投げかけるのではなく、相手が質問を聞き取りやすいように質問するのが間接疑問文です。

間接疑問の作り方

間接疑問文は疑問詞節が名詞の役割をします。大きな節(かたまり)として考えましょう。

例: Where is he ?(彼はどこですか?)

普通の疑問文では疑問詞+be動詞+主語?です。しかし、間接疑問文を使うと少し語順が変わります。

間接疑問文:Do you know where he is.(彼がどこにいるのか知っていますか。)

間接疑問文では主語とbe動詞の入れ替わりはありません。通常文(肯定文)と同じ語順になっています。be動詞のではなく一般動詞の場合はどうでしょう。

例:What does he like?(彼は何が好きですか?)
間接疑問文: Do you know what he likes ?(彼が何を好きか知っていますか?)

一般動詞の場合も肯定文と同じ語順です。

  • 間接疑問文+主語+動詞

疑問詞が主語の場合

例:Who broke the window ?(誰がその窓を割ったの?)

疑問詞が主語となっているときは、間接疑問文を作る場合に語順をかえる必要はないです。

間接疑問文:Do you know who broke the window?(誰が窓を割ったか知っていますか。)

練習問題

1. I don't know +When did she leave Japan?

2. Where does he study? (I knowではじめて)

3.please tell me (   )I should(     ).(私にいつ出発すべきか教えてください。)

解答

1. I don't know +When did she leave Japan?

解答 I don't know When she left Japan.

2. Where does he study? (I knowではじめて)

解答 I know where  he studies.

3.please tell me (   )I should(     ).(私にいつ出発すべきか教えてください。)

please tell me ( when )I should( start).(私にいつ出発すべきか教えてください。)

ポイントは間接疑問文になると疑問文の語順は→肯定文の語順です。

時制の一致

最後に時制の一致を確認します。

間接疑問文でI know what this is.(これがなにか知っています。)

I knowがI knewと過去形に変わると間接疑問文も過去形に変わります。

I knew what this was.(これが何であったか知っていました。)

しかし、日本語訳は現在形で訳をしたほうが自然な訳になります。

I knew what this was.(これが何であるか知っていました。)

企業向けHP/個人向けブログ|無料制作サービス6月30日まで

ホームページ・ブログ制作依頼に高額料金を払っていませんか?

フリーランス・個人事業主だからこそ無料でできるサービス。もちろん、無料だからといって質の心配無用。多数の企業様とのご依頼経験を積んだプロによるサービス。

今回は指定のサーバーに契約していただ人のみ限定のサービスとなります。たったこれだけの条件でHPやブログを運営可能。

・おしゃれなHPで集客したい・お店の商品をネットで販売したいなど

・学生・主婦が隙間時間にブログで稼ぐのは当たり前の時代!コソッとバレずに副収入を稼ぐノウハウもご一緒にプレゼント!

今回の企画は6月30日までの期間限定となりますので、お早めのご依頼お待ちしております

※現在、多数のご依頼をいただいております。

依頼をご希望の方に関してはお問い合わせよりご連絡ください。基本即日対応させていただきますが、納期につきましては多少前後することがありますのでご了承ください。

※初めてホームページを依頼するという方も安心してご相談くださいませ。

初めてで分からないのはお客様皆様ご一緒です。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

おすすめの記事