【米津玄師】[テレビに出ない理由・秘密基地・1日1食]徳島人が生い立ちから徹底解説

おすすめ, 徳島, 米津玄師

FirmBee / Pixabay

徳島人としては話題にしたい人【米津玄師】さん。2018年の紅白では本当に盛り上げてくれました。私からも少しずつこのサイトのテーマと少しずれてしまいますが、あえて米津玄師さんについて取り上げて盛り上がりたいと思います。

今回は米津玄師さんのおすすめ曲はもちろんのこと!なぜ今までテレビに出なかったのか?その理由と米津玄師さん知っている人なら知っているワード「秘密基地」について詳しく説明します。

米津玄師ってどんな人?「生い立ちなど」


米津玄師さんはまず!よねづげんし、と読む人が多いです。でも本当はよねづけんしなんです。そこは勘違いしないでほしいところですね。

[げ]じゃなくて[け]!これ実は、アーティストとしての名前ではなく、米津玄師さん本名なんです。珍しいけど凄く素敵な名前だと思いますよね。

米津玄師さんは、米津玄師として活動するよりもっと前に一部の間で凄く有名になりました。それはボーカロイドのプロデューサーとしてです。

ボーカロイドとは、コンピューターの音源ソフトをつかって基本的に一般の人が作詞作曲をしてニコニコ動画などに挙げられるジャンルです。有名な曲では、初音ミクでみくみくにしてあげる♪や、和楽器バンドさんもカバーしている千本桜などです。

米津玄師さんはそのボーカロイドプロデューサー、略してボカロPとして活動していました。ハチ、という名前でです。ハチさんは作詞作曲だけでなく、MVのイラスト、動画編集まで1曲作るのに全てに関わっています。

ボカロPで1曲全てを担当する方はほんの一部なので、色々なことに関わっているハチさんは凄く才能溢れる方です。そこで芸能事務所にスカウトされました。

ハチPとしての活動をふまえ、アイネクライネなどもMVのイラストは米津玄師さん本人です。歌声だけでなく、作詞作曲、イラスト、動画編集、様々な才能に溢れるアーティスト・それが米津玄師さんです。

おすすめ曲

基本的に米津玄師さんの全ての曲について言えることですが、歌詞が深くその世界観に入り込みやすいです。

夢ならばどれほどよかった・未だにあなたのことを夢にみる。恋をする女の子、男性、人生で1度は思うことなのではないのでしょうか。

自分が思うより恋をしていたあなたに・あんなに側にいたのにまるで嘘みたい・とても忘れられないそれだけが確か。切ない恋心。聞くたびに胸が締め付けられます。初めて聞いた時は正直なところ涙がでました。過去の切ない恋を思い出しました。好きだったあの人のことを。

歌詞だけじゃありません。米津玄師さんはメロディーでも人を惹きつけます。癖になるメロディーで、何度も、何十回聴いても聴き飽きません。

Lemon


そして、そんなLemonを好きな私ですが一つ大事なところを勘違いしていました。それはLemonの曲そのものの意味です。

好きな曲だからこそ調べました。実は失恋の曲ではなく、人間の死を歌う曲でした。好きな人の死を哀しく思う曲だったのです。

それを知って聴くと、失恋ではなく喪失・死の曲であるのは良く分かりました。直接的な表現でなく意味深な曲でした。そこがまた惹かれるポイントの1つだったと私は思っています。

なぜテレビにでないのか?


これはファンの中では有名な話です。理由を先に言うとすれば、ずばりメディアが苦手だからそうです

テレビにはできることならでない方が良い、というほど恥ずかしがり屋で内気な性格の米津玄師さんです。
米津玄師さんはアーティストとして、その日限りの時間を大切にすることに強いこだわりを持っている方です。

ネット配信などをすれば録画されすぐに拡散されてしまう。録画された動画は、その日限りとは言えませんよね。1日1日を大切に思っている素敵な方なんだと思います。

しかし、昨年2018年の紅白歌合戦についにテレビに出演、生声を披露しました。理由は、紅白歌合戦で歌った曲・Lemonが鍵を握っています。

この曲は制作中だった12月に祖父が他界し、Lemonの成り立ちに大きな影響を与えました。祖父への鎮魂歌という意味合いを帯びており、米津玄師さんにとってとても特別な楽曲だからだそうです。

秘密基地について

Donations_are_appreciated / Pixabay

秘密基地とは、2018年の10月に東京渋谷で開催された米津玄師さんの展示イベントの名称です。告知が12日、開催が16日という短期間での準備で、予定の調整ができないファンがたくさんいました。私もその中のひとりです。

秘密基地と呼ばれる展示イベントには、ギターや無数のコード、ヘッドフォンなどがあったそうです。そのヘッドフォンを耳に当てプレイヤーを再生すると視聴できたそう。その部屋は暗く、モノクロの味気のない殺風景な部屋。

悩みや心の闇を表したお部屋だったそうです。他にもサイコロがあり、歌詞にサイコロを振ったような人生…などに関連していると思われます。

他にもお部屋があり展示はあったようですが、私が覚えているのは印象のあったこの部屋の話だけになります。またいつかこのようなイベントがあれば今度こそ行けたら良いなと思います!

食生活について


米津玄師さんを好きになっていくつか調べていた時にわかったことです。米津玄師さんは普段は1日に1食食べるのが日常だったそうです。あまり食べれない・時間がないなどが原因でなく、なんと理由はご飯を食べる行為そのものがめんどくさいからだったそうです。

コンビニで適当に購入したり、マクドナルドなどファースフード店でこれまた適当に食べる生活をしていて、飲食店に行ってもメニューを見て一切悩まずとりあえずパッと頼む。私はいつも悩むのでパッと決められるのは羨ましいと思いますが…。

とにかくそういった食べ物、食に関しては無頓着な方らしいです。ひとまずそこらへんにあるものを食べられればいい、つまり胃に何か入ればいい、そういった考えをしているとラジオの対談で言っていたらしいです。きのう何食べた?と聞いても覚えてないほど無頓着らしいですよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は米津玄師さんの生い立ちからおすすめ曲を紹介し、そして、なぜテレビにでないのか?そして1日一食した食べない理由やあるイベント「秘密基地」について紹介しました。

あなたの気に入った情報やネタはありました?これから少しずつ米津玄師さんのことを解説と言うか紹介していくので、もしあなたの心に残るものがあればシェアまたはコメントよろしくお願いします。最後まで読んでいただきありがとうございました。