徳島三好市池田湖「ウェイクボード世界大会2018」詳細まとめ「WWA Wakeboard World Championships」

徳島県三好市池田湖にて、ウェイクボードの世界選手権大会2018が8月30日から9月2日まで開催されます。30回の記念大会が徳島三好市で開かれるので、ウェイクボードこの機械に体感しましょう!!世界ランキング一位の「Harley Clifford」の演技に注目です。

徳島三好市池田湖「ウェイクボード世界大会2018」まとめ


徳島県三好市で開催予定のウェイクボード世界大会は、世界のトップ選手が参加する最高グレードの世界大会。世界各地からからプロ・アマチュア合わせて約200人が出場し、男女や年齢別に分かれて競い合います。ウェイクボード世界ランキング一位の「Harley Clifford」やアメリカで活動中の手塚翔太、2017年JWBAプロツアーラインキング1位の浅田一成、濱崎優友ら日本人選手も出場する予定となっています。こちらで紹介している動画は、ランキング一位の選手の動画です。こんなすごい演技を生で見えるって思うとワクワクしませんか?

ウェイクボードって?

「ウェイクボード」は、新しいジャンルのスポーツと言われています。1984年、アメリ力西海岸でサーファーが、「サーフボードをボートで引っ張ったら」という遊び心からウェイクボードは誕生しました。 その後、[遊び] から[競技]に本格的に成長しました。
2020年には、夏季五輪で採用する競技の候補に選ばれるまでになったウェイクボードは、世界では約3000万人、国内では80万人ものプレイヤーがいる大きなレジャースポーツとなっています。
直線約400メートルのコースを1往復し、[ウェイク]をジャンプ台にして飛び上がり、縦回転や横回転と変幻自在におよそ8つの技を繰り出し、ボートに乗っている審判が、その技のジャンプの高さや難易度を評価して順位をつける競技となっています。

世界大会日程やアクセスまとめ

ウェイクボードの開催日やアクセス方法を紹介したいと思います。
開催日:2018年8月30日(木)~9月2日(日):From 30 August 2018 to 2 September
場所:徳島県三好市 池田湖特設会場Lake Ikeda, Miyoshi-city Tokushima Prefecture

徳島市内から離れた地域であるので、しっかり下調べが必要になってきます。シャトルバスもありますので、公式ホームページなどを利用して確認しましょう。では、8月最後のイベントをしっかり楽しんでください。