ヴォルティス試合でフェルナンドトーレスに会える?サガン鳥栖移籍決定?


7月10日にサッカー界にまたまた面白いニュースが届きました。誤報とされていた元スペイン代表フェルナンドトーレス選手のサガン鳥栖への電撃移籍が完全に決定しました。これはもしかすとヴォルティスの試合でトーレスに会えるかもしれません。もしかすとですが…

ヴォルティス試合で元スペイン代表フェルナンドトーレスに会える?

最近はサッカーの話題はつきません。ワールドカップでも日本代表が大健闘をしてくれました。批判する声もありますが、私的には、大会前の評判と比較して素晴らしい結果であったと思います。そんな中Jリーグでも朗報です。
サガン鳥栖は10日、元スペイン代表のフェルナンド・トーレスを獲得したことを発表しました。契約期間は1年半で早ければ7月22日のホームゲームがデビュー戦となる予定です。

トーレスってどんな人?

F・トーレスは、アトレティコ・マドリーのユースで才能を見いだされ、16歳でトップチームに昇格。2001年の5月にデビューしました。2002-03シーズンにはリーグ戦29試合で20得点を積むと、2007年の夏に名門リヴァプール入り。トーレスはそこでも、その実力を見せつけました。両足だけでなくヘディング、ボックス外からのミドルシュートなど、多彩な得点パターンを披露。
また、圧倒的な加速力とスピードを生かして最終ライン裏を取る動きは、プレミアリーグのストライカーの中でも別格でした。リヴァプール時代では初年度からリーグ戦24得点を記録しました。
その後、推定移籍金5000万ポンドでチェルシーに移籍。リヴァプール時代のような一貫したパフォーマンスを見せることができず、決定力にも陰りが見え始めたが、2011-12シーズンにFAカップとチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験。
CL準決勝、バルセロナとの試合では当時栄華を極めていたジョゼップ・グアルディオラのチームを絶望に追い込むダメ押し弾を決めています。チェルシーでは172試合に出場して45得点の記録を残した。その後、2014年の夏にミラン入りした後、2015年1月にはアトレティコ・マドリーに1年半のレンタル移籍で復帰。2015-16シーズンはシーズンが進むにつれて調子を挙げ、リーグ戦30試合で11得点をマーク。
このシーズン後に完全移籍を果たすと、その後の2シーズンは不動のレギュラーではなかったものの、いずれも公式戦45試合10得点の記録。
とにかくトーレスはすごい人です。

ヴォルティス対サガン鳥栖

本日は天皇杯で徳島ヴォルティスはサガン鳥栖と試合します。今回は残念ながら、トーレスが試合に出ることはないでしょう。しかし、現在のサガン鳥栖の順位は17位。もし移籍後トーレスが不調であれば、サガン鳥栖はJ2降格なんてこともありえます。そうなると、ヴォルティスのホームゲームでトーレスに会えることになります。
しかし、その確率は極めて低いと言えます。トーレス加入によって、チームがプラスになるのかどうかわかりませんが、残留の可能性の方が高いでしょう。
しかし、万が一降格した場合にはこれからのヴォルティスのホームゲームを楽しむにしたいと思います。ミーハーですいません。しかし、それでも徳島を盛り上げるために、多角的に宣伝してまいります。よろしくお願いします。