徳島私立幼稚園「認定こども園」5つのおすすめポイント!働くママはお得?


徳島県も例外なく認定こども園や私立幼稚園はあります。最近は、公立の幼稚園よりも人気みたいです。子供の将来を考えると、あなたの現状のワークスタイルに合わせることができる認定こども園や私立幼稚園の方が融通が利くので通わしているって意見も多いです。今回は、働くママや子供の将来で悩んでいるママに向けて、認定こども園、私立幼稚園でおすすめすべきポイントを紹介します。

徳島県私立幼稚園「認定こども園」5つのおすすめポイント

徳島県の私立幼稚園や認定こども園では、公立幼稚園と違い、各園の目指す教育理念に向けって設営され、独自の特色ある教育を行なっています。一人一人の子供の心に寄り添いながら、保護者と密接な関係を保ち、小学校、地域と連携をとり運営されています。
認定こども園とは、公立・私立の幼稚園が、「保育園」の機能を併設した新しいタイプの幼稚園(保育園)です。いろいろなタイプがありますが、同じ施設の中に幼稚園の子どもと保育園の子どもが共存し、施設やプログラムやクラスを共有しているといったイメージです。
私立幼稚園や認定こども園は働くママにとって便利なシステムがいろいろあります。あなたも子供の将来を考えるのであれば、検討してみる価値はあります。

フルタイムで働くママは?

平日はもちろんのこと、多くの幼稚園が夏休みなども「お預かり保育」を実施しています。現在、徳島県内にある全ての私立保育園、認定こども園では教育時間終了後の預かり保育を受け入れています。共働きの家庭でも、子供を私立幼稚園、認定子供園に通学させたい保護者の思いと共に、預かり保育の充実を促進しています。

保育料が心配…

補助金制度が充実している。市町村によっては「私立幼稚園就園奨励費」という制度があり、申請すれば練習や市民税によって補助金をもらうことができます。金額や制度は市町村によって異なります。認定こども園、施設型給付を受ける幼稚園では、所得に応じて各市町村が定める保育所となっています。第3子→無料 第2子→半額

お弁当or給食?

多くの幼稚園が給食を導入しています。働いているママにとっては朗報ですよね。最近は幼稚園でも給食制度が比較的多いです。または、給食かお弁当かを選べたり、週の半分がどちらかのパターンなどもあります。アレルギー除去食も対策済みです。働くママのワークスタイルに合わせて考えてあげましょう。

通園は何歳から?

満3歳の誕生日を迎えた時点で、四月を待たずに入園できるようになっています。3歳になると、子供はわまりの興味、関心、人とのつながりなどが急速に広がり、親への全面的な依存の状態から自立に向かいはじめます。幼稚園は、このような貼ったくを踏まえて、初めての集団生活の中で、自立や可能性を伸ばしていく場所でもあります。また、認定こども園では、保育園から幼稚園と両方を経営しているので、卒乳されたお子さんであれば預けることができます。

内容が充実している

認定こども園や私立幼稚園は独自の教育システムを導入している園がほとんどです。保育園や幼稚園は預けて→絵本や自由遊びだけでは終わりません。しっかりと知育や、英語、音楽、知育、漢字、そろばん、体操、とまるで学校の授業のように実施している幼稚園もあります。子供の将来を考えるのであれば、習い事よりも、そういった幼稚園選びが重要になってくるかもしれません。

まとめ

本日は、私立幼稚園と認定こども園についてまとめました。育児で大変なママさんや働くママ、共働きの家庭といろいろな家庭環境があると思います。子供の将来を考え、そして現在のワークスタイルに合った幼稚園を選びましょう。