【徳島ドローン教習所紹介】費用・就職先・収入についてまとめ

Free-Photos / Pixabay

最近人気であるドローン。徳島にもドローンの資格を受講できる教習所が現在2ヶ所あります。広沢自動車教習所で有名な「広沢ドローンスクール」、最近開講された「石井ドローンスクール」の2校になります。ドローン業界は需要がいっぱいであろうと言われていますが、そんなことはないです。まだまだこれからだと思います。今回は、徳島の2校のドローンスクールの料金の比較や資格取得後の収入やリアルな就職口などをまとめてみたので参考にしてください。

徳島ドローンスクール比較・収入と就職について

Powie / Pixabay

今回のテーマはドローンについてです。2部構成といこうと思います。まずは徳島にあるドローンスクールについて広沢ドローンスクールと石井ドローンスクールどちらがいいのか比較したいと思います。そして、資格取得後はドローンスクールは稼ぐことが本当にできるのであろうか?実際の需要と収入、就職口の見つけ方などをまとめていこうと思います。では少しお付き合いください。

広沢ドローンスクール


まずは広沢ドローンスクールから紹介しましょう。広沢自動車学校は小型無人機ドローンの操縦方法や飛行の際の安全管理を教える「広沢ドローンスクール」を2018年の8月に四国初として開講しました。
スクールは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA、東京)の認定を受けて運営しているみたいです。JUIDAの講師資格を取得した教習指導員が講師で、全科目を修了して申請すれば、JUIDAから証明証が交付される。

受講費用は?


教習料金は約24万円。県内在住者には割引もあります。県内の人であれば約20万くらいで受講できます。
また助成金制度もあります。企業から資格申請する場合は実質負担が11万くらいとなります。

期間はどれくらいかかるのか?

カリキュラム内容は全部で約20時間となっており、最短3日「合宿」で修了することができるように構成されています。
学科は徳島市の自動車学校がある同校で実施されます。しかし、実技は広沢自動車学校創設者出身地の神山町の旧鬼籠野小学校で行います。両施設をシャトルバスサービスあり。
ドローンは人口集中地区での飛行が禁止されているが、旧鬼籠野小では屋外での飛行が可能なため実技練習ができるそうです。

無料体験がある

ドローンってなんだろ?って人のために無料体験を指定日に限り体験することができます。月に数回実施しているので興味のある人は広沢教習所にアクセスしましょう。

アクセスと連絡先

〒770-0004 徳島県徳島市南田宮2丁目4−3
電話:0120-403-213
時間:8時30分~20時00分

石井ドローンスクール


続いて紹介するのは2018年12月から本格的にスタートした徳島県石井町の石井自動車学校にある「石井ドローンスクール」です。こちらも最終日の実技・学科試験に合格し、JUIDAに申請すると「操縦技能」「安全運航管理者」の証明証が得られるシステムです。こちらのメリットは実技試験が同じ場所で受けることが出来る点であります。移動が面倒だと思う人は石井ドローンスクールをおすすめします。

期間・費用は?

本格的に授業がスタートしていないので詳細がわかり次第、更新したいと思います。現在わかっていることは、講習期間は4日間となっています。
費用は広沢ドローンスクールと大体同じ値段になると思われます。しかし、徳島県民割引などのお知らせ情報はありませんでした。
助成金制度はありました。

アクセス・連絡先

〒779-3231 徳島県名西郡石井町石井重松9−2
電話:088-674-2249
時間:9時00分~19時45分

まとめ

ここまでは徳島にあるドローン教習所について紹介しました。ここからはドローン教習所を無事卒業して、資格を取得した後、どうやって生活していけばいいのか?実際の就職方法、ドローンの需要、収入などについてまとめていきたいと思います。ちょっと長くなりそうなので、別記事に改めてまとめていきたいと思います。興味のある人はぜひそちらの記事もよろしくおねがします。