【すきバサミ】初心者は無印を使うのがおすすめ!購入レビュー紹介


美容院に行かなくても、前髪カットや簡単なセルフカットはすきバサミを使うことで意外とできちゃいます。貯金など何か目的があって美容院に行くお金をなんとかうかしたい!そんなあなたに向けた記事です。

しかし、せっかくセルフカットするならダイソーよりも無印のすきバサミをあえておすすめします。本日はすきバサミ購入レビュー記事となります。

無印のすきバサミを使ってみた!おすすめなので紹介

kaleido-dp / Pixabay

海外旅行のための貯金が必要になり、毎月1万円以上かけていた美容院代をうかせるために自分で髪を切るようになりました。

以前から無印良品のすきばさみは気になっていたものの手が出せずにいたので、今だと思ってすぐに買いにいきました。

ほかの眉毛用ハサミや普通の紙を切るハサミもすでに無印良品のものを利用していてその使用感にもとても満足していたので特に下調べすることも迷うこともなく購入に至りました。

そもそも髪の毛自体は自分で切った経験が何度もあり、その際に使用していたのも無印良品の普通の紙を切るハサミでした。

すきばさみの使い方が分からないという理由で普通のハサミを使って髪をすいたり長さ調節もしていました。そこからYouTubeやネットで使い方を検索して試行錯誤しながらも数年経った今も同じすきばさみをずっと使い続けています。

無印のすきバサミって

jackmac34 / Pixabay


刃を入れるだけで髪の毛がすけるようなつくりになっています。自分の好きなすき方に合わせて斜めに刃を入れたり髪の毛の毛先部分だけ入れたりと調整で
きます。

見た目はとてもシンプルな透明の持ち手で、無印良品で販売されている紙を切るハサミと同じような雰囲気です。

特にかさばる大きさではないので長期の海外生活の際に持っていっておくといざ髪がゴワゴワしてきたけれどどこの美容院に行っていいものか分からないようなときに少しハサミを入れるだけでとてもスッキリします。

実際に私も伸ばし続けていた前髪が重たく感じた際にちょっとすいただけで見た目の印象がかなり変わって爽やかになりました。

美容院を予約してお店まで行き、スタイリング料などまでかかる手間を考えると、完成度はプロのようにはいきませんがだんだん上達していくのも楽しくてコストパフォーマンスも抜群だと思います。

すきバサミを使った感想


まず美容院に行かなくなりました。はじめは旅行のための貯金で始めたことでしたが、こんなかたちで何の疑問も持たなかった出費を0にできるということに驚き、生活全体を見直すきっかけにまでなったと思います。

もちろん最初から美容師さんのように美しくカットできるはずもなく、切りすぎたり、時間をかけたわりにあまり変わっていなかったりと改善すべき点も多かったですが、たまにどうしても大事なセレモニーの前に美容室に行かなければならなくなった際に美容室で美容師さんに髪の切り方について指摘されたことを意識しながらセルフカットの腕を少しずつ上達させています。

こうやってどんなことでも少しずつ自分で出来るようになることは自信にも繋がり、もっと色んなことに挑戦してみようというインスピレーションも湧いてくるようになりました。DIYを始めたり、節約もできるようになりとても満足しています。

メリットは節約?

picjumbo_com / Pixabay

なんといっても節約になることです。千円強で半永久的に髪を切ることができます。私の場合は毛量がとても多いので美容室に行く回数も多く、ヘアカラーまでしていたので月一回一万円以上かけていました。

それに加えてトリートメントを数回に一度行っていたため、出費はもっとかかります。それが無くなったというだけで私の生活にはかなり大きな変化となりました。

もうひとつは自分の好きな髪型に仕上げられるということです。実際、美容院に通っていた頃でさえ、家に帰ってから自分のハサミで切ってもらったばかりの髪を調整ししたこともよくありました。

今では自分の納得のいくように切れるし、腕もどんどん上がっていくので楽しいしぜひ興味のある方は試してほしいです。

デメリット

美容室に行かなくなったのはメリットであると同時にデメリットでもありました。それはプロの美容師さんにカットしてもらえるというとても幸せな時間を失ったということです。

実際、美容室に行く目的の半分は髪をきれいに整えてもらうことで、もう半分はその美容師さんとの会話を楽しみに行っていたと思います。

好きな音楽やカメラ、ファッション、マンガなどの話で盛り上がりお互いに情報交換をし、そういったことにも常にアンテナを張っていて話も上手な方と関わる時間は特別なものでした。

美容室に急に行かなくなり、そういったことが一切なくなったというのが一番のデメリットで、最初のうちはとてもさみしく思ったのを覚えています。それも時間が経つうちにだんだんと忘れてはいきましたが、人との関わりをひとつ失ったのは事実です。

おわりに

節約をしたい方には間違いなくおすすめです。最初は自分でハサミを入れるなんて怖いと思われたり、後ろはどうするの?!ということになるかもしれませんが、私は鏡を合わせて後ろの髪も自分で切っていますし、難しいという方はだれかに手伝ってもらうこともできます。自分でやるのも楽しいものです。

また、近くに美容院がない、美容院に行くのが苦手だという方の悩みもこれで解消できるでしょう。海外暮らしでどこの美容院に行けばいいのか途方に暮れている方もどうぞ。

私もそうでしたが、必要に差し迫られるとできることが増えます。最後にDIY好きの方や、お子さんの髪を切ってあげたい親御さんも一本持っておくと便利だと思います。