「新生児」抱っこひも「ベビージョルンベビーキャリア」購入レビューとデメリットまとめ

Free-Photos / Pixabay

新生児の赤ちゃんの抱っこひもは間違いなく「ベビージョルンのベビーキャリアミニ」の1強だと思います。まだ首の座っていない時期に抱っこするのは大変だと思います。インサートをつけて抱っこするのもいいですが、意外と面倒です。ベビージョルンのベビーキャリアなら簡単に取り付け、取り外しができるので、ママと赤ちゃんに優しい構造となっています。値段も手頃なのでおすすめです。今回は、そんな新生児用の抱っこひもベビーキャリアを紹介します。

抱っこひもは月齢に合った物を選ぶことが大切

使いにくい抱っこ紐だと、抱っこ紐を付けるまでの準備に手こずり、子どもが泣いたり、間違った使用方法をしてしまったりする可能性があります。間違った方法で使用すると、子どもが抱っこ紐から落ちてしまったり、安全面でも大変危険です。
また、以前使っていた抱っこ紐だと、子どもと親の体が少し離れてしまっていたため、子どもが不安だったのか、また安定していなかったのか、抱っこ紐の中で泣いたり、眠れなかったりして、子どもも不機嫌になることもありました。

新生児の抱っこひも定番「ベビージョルン ベビーキャリア」

妊娠がわかり、義母からお祝いとして某有名メーカーの抱っこ紐を頂いたのですが、子どもを抱っこするまでにセットする紐の数が多かったり、工程が非常に多いことに加え、首すわり前の子どもを抱っこするには首がだらんとしてしまって不安が多く、使いにくかったため困っていました。
義母からのいただきものなのでどうすることもできず、先輩ママである友人に相談したところ、「首すわり前は、ベビービョルンの抱っこ紐が簡単で使いやすいよ!」とのアドバイスを頂き、一度貸してもらうことに。首すわりまで友人のものを使っていましたが、とても使いやすくすぐに抱っこできることからベビービョルンの「ベビーキャリア MINI」を購入する事になりました。

購入レビュー

非常に使いやすい抱っこ紐で、さっと子どもを抱っこできるようになり、お出かけが億劫でなくなりました。
また、抱っこ紐の準備中に子どもがぐずったりすることがなくなり、精神的にも楽になりました、そして、家の中でも子どもがズグったときにさっと抱っこできるので、抱っこ紐をつけたまま、洗濯物を干したり、掃除をしたりしているうちに、子どもがいつの間にか寝てしまっているということもあり、子どものお昼寝時間の確保にもたいへん役立っています

デメリット

腰や肩へのサポート力が弱いです。12ヶ月、11キロまでの子どもを抱っこできるとのことですが、腰をサポートする紐やベルトはついていません。
肩のみで子どもを抱っこする仕様になっていますが、肩紐もサポーターが付いているわけではなく、本当に紐のみなので、長時間使用する場合、肩こりや鎖骨・肩甲骨まわり痛み、腰の痛みなども出てきます。このような紐の状態で11キロの子どもを抱っこするのは、少し疲れてしまう感じがします。その分、この抱っこひもは安いのですがね。

まとめ

実際に抱っこ紐をつけてもらうのが一番かと思います。友人が私にしてくれたように「ベビーキャリア MINI」をしばらく貸して、実際に使用してもらいます。もしくは、ベビザラスなどに出向いて、店員さんから「●●の抱っこ紐だと、このベルトを締めて、このスナップを留めて、次はこの紐を引っ張って…。だけど、ベビービョルンのベビーキャリア MINIなら、赤ちゃんを抱っこ紐の中に抱いたら、ボタンを4つ留めるだけ!」と他の抱っこ紐に比べて、子どもを抱っこするまでの工程が少ないこと、簡単に使用できることを、他の抱っこ紐の使用方法と比較しながら説明してもらうのが一番かと思います。