「徳島生光学園幼稚園」保育料「学費」はどれくらい?英会話の評判は?徹底解説

2018年10月18日


徳島の私立幼稚園の1つの生光学園幼稚園。特に英会話に力を入れているようで、これから子供に英語を身につけて欲しいと思うなら生光幼稚園も視野に入れているママも多いと思います。今回は生光幼稚園の気になる保育料「学費」、入学時期や英会話の評判について徹底的に調べて見ました。

「徳島生光学園幼稚園」とは

徳島に住んでいたら1度は耳にしたことがある有名幼稚園の1つである生光。基本的な「読み」「書き」はもちろんのこと、外国人教師による毎日の実践的な英語教育や、同じ学園内で共に過ごす小中高のお兄さんお姉さんたちとの触れ合い、豊富な自然体験や音楽や表現といった、五感を使った環境は、子どもたちの主体性が自ずと引き出され、理念である「徳・体・知」を育むのに最良の環境となっているそうです。
生光学園は幼稚園から高校まで一貫校となってるので、建物は違いますが、敷地内ですれ違ったり、たまに同じ目的を共有することもあるかもしれません。そういった機会は幼稚園の子供達にとっては非常に珍しいので、刺激的で社会勉強になると思います。

英語教育はどうなの?

また、敷地内には多くの外国人講師が勤めています。彼らと毎日楽しくコミュニケーション取ることは英語に対する苦手意識を持つこと以上に楽しさを持って、学べることに繋がると思います。特に幼児は英語を学ぶことよりも英語に対して楽しむを持つことの方が大切なのかと思います。
幼稚園の頃はしっかりと4技能の分けてプログラムが組まれているので、確実にゆっくりと英会話をレベルアップしていきます。特に注目すべき点は、生光小学生の低学年でも英検3級〜2級を受験して合格しています。私が以前英検の受験の際に、小さな可愛い子供が一緒に受験会場にいたのを覚えています。生光の子供達と混じって受験指定た自分が少し恥ずかしかったです。しかし、それでも英検2級です。英検2級は高校卒業レベルです。そのレベルをすでに受験可能な生光の教育が恐ろしいです。生光は暗黙のルールで小学校卒業までに英検3級取得しないと、卒業できないって言われています。義務教育なので卒業はできると思いますが、英検に対するプレッシャーは凄まじいと思います。いやでも英語はできるようになりますね。

保育料[学費]はどうなってるの?


やはり私立なので学費は高額な料金を予想できそうです。
入園金:70000円
月謝:27000円/月
施設利用費:11000円/月
スクールバス利用:7000円/月
こちらは全て税込み価格となっています。毎月39000円が必要となってくるわけです。一般的な保育園と比べるとやはり高いと思います。また、兄弟が通うことで半額キャンペーン適用で月謝が毎月半額になります。子供に英語をなんとか身につけてほしいと思うのであれば、英会話スクールに行かせていると思って、生光を検討するのもありかと思います。
スクールバス代金は利用者のみ支払います。大抵のお子さんがスクールバスを利用しているので、この費用も上乗せで必要経費となると思います。

受験に関して

2019年度の最新版受験情報も紹介します。
募集定員
3年保育 3歳児 70名:平成25年4月2日 ~ 平成26年4月1日までに出生した子供
2年保育 4歳児 30名:平成26年4月2日 ~ 平成27年4月1日までに出生した子供
1年保育 5歳児 若干名:平成25年4月2日 ~ 平成26年4月1日までに出生した子供
願書申し込みが平成30年10月半ば〜試験前日まで
受験日は11月の2週目の土日のいずれか1日。詳細が決まり次第更新します。受験料7000円
合格発表:試験後の1週間後前後に郵送による通知

受験内容

受験ではなりますが、いわゆるお受験ではないので、あまり心配する必要はありません。アルバイトの面接のように入園にどのような子供なのか?また、どんな家庭なのか様子を伺うだけです。問題を解くといったことはないので大丈夫です。しかし、家庭的問題アリと判断されると入園拒否もあります。

どんな人向け?

生光幼稚園は英語に特化した幼稚園です。将来、子供に英語を身につけてほしいと思うのであれば、生光で間違いないでしょう。また、幼稚園だけでなく、生光小学校と進学することでリスニング力は相当レベルになります。しかし、生光は宿題が多い学校でも有名です。そういった面も考慮して検討してみてください。