【スプレーボトル】おすすめは[無印]!100均と比較検証レポ!

amazon, おすすめ, 無印良品

955169 / Pixabay

意外と便利なのが今回紹介する【スプレーボトル】。最近では、100均といったダイソーやセリアでも簡単に購入することができます。しかし、私はあえて無印のスプレーボトルを使っています。

もし今後スプレーボトルを買いたいと思っているならこの記事読んでからでも遅くはないはず。今回はあえて無印のスプレーボトルをおすすめし、100圴と何が違うのか比較検証したので参考にしてほしいと思います。

無印のスプレーボトルは機能面でおすすめです。

旅行が好きなので、暇を見つけては一泊二日程度で行ける近場に出かけています。そのたびに、普段使っているスキンケア用品(化粧水、クリーム、クレンジングオイル、洗顔フォームなど)を小さな容器に小分けにして持っていっていました。

100圴で手に入るトラベル用の容器セットを使っていましたが、スプレーボトルがどうにも使い勝手が悪く、ずっと不満を感じていました。

スプレーボトルには化粧水を入れていて、乾燥を感じたときにすぐにシュッとスプレーできるようにしていたのです。

いくつかスプレーボトルを買い替えてみましたが(100圴で)、どれも使いにくかったです。

ポンプを押す部分が硬くて片手では力が足りなかったり、すき間から化粧水がもれてきたりしました。そんな中、ブログだったか口コミだったか覚えていませんが、何かで無印のスプレーボトルが紹介されていて、そこで初めて知ったというわけです。

無印良品のスプレーボトルとは


化粧水などの液体物を小分けして持ち歩くのに便利なスプレーボトルです。色がついていない透明なスプレーボトルで、中身が外から確認できるようになっています。

サイズは12ml、18ml、30ml、50ml、100mlの5タイプがあるようで、私は30mlのボトルを愛用しています。スプレー式なので、中身の液体がミスト状になってシュッと出てきます。

30mlのスプレーボトルのサイズは3cm×10cmくらいと片手におさまるくらいなので、ポーチに入れて持ち運びするのも苦ではありません。値段は税込162円です。セリアやダイソーよりは割高の価格ですが、長持ちで壊れることもあまりないので、コスパ面でも無印のスプレーボトルをおすすめしています。

石油類・除光液・香水・酢(木酢液)などアルコール類をたくさん含むものは入れないように、と注意書きがあります。

実際使ってみた感想

Victoria_Borodinova / Pixabay

旅行だけではなく、外出時にも持ち歩くようになりました。とても使いやすくて、普段使いにも最適だからです。夏はクーラーがきいた室内にいるせいで、冬は暖房はもちろん、暖房をつけていなくても乾燥が気になります。

そんなときにシュッと顔にスプレーすると、手軽に乾燥対策ができますし、ひんやりしたミストで気持ちも引きしまります。

無印のスプレーボトルを初めてプッシュしたときに、思わず「おお~!」と感動したことを今でも覚えています。

今まで使ってきたものとは、雲泥の差でした。さすが無印、期待を裏切りません。軽い力でスムーズにプッシュできますし、ミストが細かいところがツボです。ようやく満足のいくスプレーボトルに出会えました。

メリット

tookapic / Pixabay

透明のボトルなので、中身の減り具合が常にわかり、補充のタイミングが把握できます。また、化粧水をスプレーボトルに移すときも、どのくらい入っているのかを見ながら注げるので、入れすぎてあふれ出る心配もありません。

一番のお気に入りポイントは、軽い力でプッシュできることです。

私の力が極端に弱すぎるのかもしれませんが、両手を使わないとプッシュしづらいスプレーボトルに出くわしたことも過去にはあります。

その点、無印のスプレーボトルは、とてもスムーズに押せますし、押したときに引っかかる感じがありません。そして、ミスト具合も細かい霧状に出てきます。直接的にブシュッと顔に突き刺さるような感じではなくて、やわらかい感じです。

デメリット

TaniaVdB / Pixabay

私にとっては、今のところベストなスプレーボトルなので、デメリットに感じるようなところはありません。

強いてあげるとすれば、価格でしょうか。無印のスプレーボトルに切り替えるまでは100円ショップで買っていたので、どのサイズのスプレーボトルを選んだとしても、すべて108円でした。

一方、今愛用している30mlの無印のものは162円です。わずか50円くらいの差ではありますが、無印のほうが割高になります。

そして、30mlよりも大きなサイズのボトルを買うとなると、価格はさらに上がっていきます。数十円から数百円ほどの違いなら、私は無印を選びたいです。

どういった人におすすめ?

Mimirebelle / Pixabay

化粧水を小分けにして持ち歩き、必要なときにスマートに使いたいという人におすすめです。例えば、オフィス勤務をしている人は、昼休憩中にメイク直しをするときにシュッと吹きかけたり、オフィス内の乾燥が気になるときにこそっとスプレーしたりするのもいいと思います。

小さいサイズのスプレーボトルを選べば、メイクポーチの中にもすっぽりと納まります。しっかりと閉まるので、化粧水が外にもれる心配もないと思います。

他には、2~3日程度の旅行や出張によく行くという人にもおすすめです。普段から、スプレーボトルに化粧水を入れて使っていれば、わざわざ旅行のためだけに用意する手間も必要ありません。

おわりに

今回は無印のスプレーボトルを紹介しました。おすすめさを知ってもらうために100均のすスプレーボトルを比較していますが、決して100均=ダメ!!!ってわけではないです。

かわいさやシンプルさなどデザイン面を考慮するなら、セリアのスプレーボトルで十分事足りると思います。ただし、機能面を考えるのであればちょっとお金をかけてもでも無印のスプレーボトルを購入することをおすすめします。

本日は、スプレーボトルの購入検討している向けの記事でした。いかがでしょうか?このサイト内では無印良品に関する記事をたくさん書いています。あなたも無印のアイテムが好きでなるなら他の記事もご一緒にシェアしていただけると助かります。最後まで読んでいただきありがとうございました。