寝かしつけ失敗「抱っこでしか寝ない赤ちゃん」解決する便利アイテム紹介

192635 / Pixabay

赤ちゃんの寝かしつけにイライラしたり、ストレスを感じていませんか?家事やしたいことが思うように進まない!!そういったお母さんに必見の便利アイテムを今回は紹介します。特に抱っこでしか寝ない赤ちゃんで悩んでいるお母さんに読んで欲しい記事となっています。

抱っこでしか寝ない赤ちゃんの悩み解決!子育て便利アイテム紹介

赤ちゃんの寝かしつけに失敗、そしてまた失敗、またまた失敗、その結果、自分のしたいことや家事が思い通りの進まないなんてことありませんか?本当はあれこれしたいのに、寝かそうと置くと泣いてしまう!『あーーーもう!』って経験あると思います。抱っこならスヤスヤ寝ているのになんでって思うはず。赤ちゃんはお母さんの人肌が心地いいのでしょう。そういう時はそうゆうものだと割り切ってしまうことも大切。それならそれなりに解決する方法があります。今回紹介するオススメ便利グッズはこちらのエルゴベビーキャリア!こちらを使えば、全て解決してくれます。

ベビーキャリアがあれば、あなたのイライラやストレスを全て解消してくれます。抱っこなら寝てくれる赤ちゃん。寝かしつけに失敗するママ。それならいっそう、ベビーキャリアで抱っこした状態で、過ごせばいいじゃん!って話です。実はこれが意外と楽なのです。

ベビーキャリアで悩み解決?

PublicDomainPictures / Pixabay

第一子の娘が、新生児の頃からあまり眠らない子でした。出産入院中は母子同室だったのですが、抱っこしていないと眠らないので、抱っこしたままご飯を食べていました。帰宅後もやはり抱っこしていると眠るのですが、ベッドに寝かせると大泣き…の繰り返しでした。
家事はできず、睡眠時間も満足に取れず、毎日本当にクタクタでした。そんな時にエルゴベビーのベビーキャリアを購入しました。ベビーキャリアがあれば、抱っこしたまま両手を自由に使えます。また、日に日に重くなっていく赤ちゃんの抱っこと授乳で腱鞘炎になったことも大きな理由のひとつです。

家事が進まない

抱っこしている間しか眠ってくれない赤ちゃんとの生活で一番困ったのは、お手洗いに行くことです。抱っこしたままお手洗いには行けず、主人のいない日中はいつも我慢していたため、軽い膀胱炎になりました。また、家事が何も出来ないストレスが重くのしかかり、主人に申し訳ない…なんとか家事をこなしたい…と思いつめるようになりました。自分の食事を準備することも出来ず、きちんとご飯を食べられないまま授乳をしていたので、赤ちゃんの健康面も心配でした。

環境の変化:心に余裕ができる

Myriams-Fotos / Pixabay

首が座る前から使用できるインサートを利用し、いつもベビーキャリアで抱っこしていました。なかなか寝ない息子もなぜかベビーキャリアで抱っこするとすぐに眠り、起きても機嫌良く声を出していました。両手が空く事で家事ができ、ご飯も食べられるようになりました。
ベビーキャリアをつけたままお手洗いにも行けたので膀胱炎も治りました。何より、息子の泣き声を一日中聞かなくなった事が私の心の平穏に繋がりました。心にゆとりができ、息子との生活が楽しくなりました

ベビーキャリア「メリット・デメリット」

首が座り、規定の体重を超えるとおんぶが出来るようになります。息子はとにかくくっついていたらご機嫌だったので、より動きやすいおんぶをして色んなことをしました。洗濯、炊事、買い物掃除…と何をするにもおんぶしていました。
おんぶすると、足が前に出てきます。炊事の際、足の位置がちょうどガス台の高さと同じくらいになり、ひやっとしました。火傷でもしたら大変…と火を使う際はベビーキャリアの使用を辞めました。また、いくら両手が使えるといっても肩にかかる負担は大きいです。毎日肩こりに悩まされていました。

まとめ

人それぞれ不安点や不満点、ストレスとなる点は違うと思います。私は育児中であっても掃除、洗濯、炊事が出来ないという状況が本当にストレスでした。同じように感じておられるお母さんがおられれば、ベビーキャリアを利用して自分の気の済むように生活することをオススメします。
確かに、一日中ベビーキャリアを使用すると身体は疲れます。しかし、今日は掃除ができた!という達成感は得られます。育児には終わりがありません。達成感も得難いです。
ですので少しでも自分で自分を褒めてあげられる状況を作り出すことが大事だと感じました。ベビーキャリアで寝てくれれば、抱っこしたままですが自分の時間を作ることも出来ます。私は時間があれば読書をしてリセットしていました。ベビーキャリアが必要な時期はほんの少しです。少しですが、新米ママにとっては辛く、終わりのない時間です。少しでも笑顔で過ごせるよう自分の時間を作る工夫をして、子供と共に成長して行きましょう!