産後「夫の愛情がない・子育てしない悩み」解決する方法は意外と簡単?

Olessya / Pixabay

以前はラブラブ、しかし産後は夫が冷たい、子供にもあまり関心がないってことありませんか?子育てにも協力的でない。その結果、あなたの負担やストレスは溜まるばかりです。今回は産後、セックスレスまた夫があまり家庭に興味がない悩みを解決する方法を紹介します。以前みたいにラブラブに戻りたい人は必見です。

産後「夫の愛情がない・子育てしない悩み」解決する方法紹介

産後に夫があなたに興味がなくなった、または子供にあまり関心がないってことありませんか?その結果、仕事からなかなか帰ってこない、子育てもあなたのばっかり。夫は家に帰ってもちょっと子供と遊んだらテレビやスマホなど自分の時間ってことありませんか?これでは、あなたのストレスや負担が大きくなるばかりです。以前はもっと優しかったはずなのに。そんな夫に戻って欲しい、もっと子供を大切にして欲しいって思いあると思います。今回はそんな思いを取り返すためにこの記事を読んでくだい!!そして、読んで、もし参考になれば即実行に移してください。

悩み:子育て、妊娠の負担を理解してもらえない。

Bess-Hamiti / Pixabay

男性は妊娠中のつわりや体調の変化など理解してもらえないことが多いと思います。たとえば、つわりで家事が出来ない事や、仕事を辞めてしまった場合に甘えていると思われたりなど。
また、どうしても外出が出来なくてコンビニで飲み物を変わりに買ってきてもらう時には他の人なら出来るなどと比べる人もいます。
更には仕事の付き合いで飲み会が増えたり朝帰りや仕事場で眠ったまま帰って来ない事が重なってくると、喧嘩も増え、毎日会話する事さえも苦痛に感じるのではないでしょうか?普段は許せていたことでも、妊娠や子育てが重なってあなたの負担が大きくなるにつれて、一緒に生活している夫に対する「なんで?」が結果としてイライラやストレスに感じるのでしょう。

イライラやストレスは不安でいっぱい

お互いの気持ちが離れていきこのままだと、いつかは離婚を言われるか仮面夫婦で子供を育てる事になるのだろうと不安でいっぱいでありませんか?子育て中の多くのママは働いていないと思うので、離婚して子供が産まれても養育費をしっかり払ってもらえるかどうかも不安だと思うます。
そのような生活苦からか子供にも負担をかけたりして未来が見えないかもしれません。ストレスやイライラを感じた精神面でもとても辛い日々が続き、食べなかったり飲まなかったりとあなたや子供にも影響が出たかと思います。

解決:時期を見極め愛情を伝える

相手が動かないようであればまず、ひたすら喧嘩にならないようにいつも笑顔を忘れないようにしましょう。何を言われても常にあなたの傍に居る事を伝え、待っていると言いましょう。
更に子供の毎日感じる成長(胎動があったり)や子育ての成長過程などを教えたりして少しでも興味を持ってもらえるように工夫してみませんか?現状でいっぱいかもしれません。
しかし、このままの状態が続くとさらにストレスが溜まり、よくなる兆しがないことは理解していると思います。あなたもそれがわかっているのであれば、自分からがんばって夫に対して、家族の重要性や夫を必要としていることをあなたの口から伝えることが大切です。

夫の態度に変化

それでも夫にとってあなたや子供が必要かどうかを確認し、気持ちが変わらない様子であれば離婚をすると決意したお手紙を書いて夫の前で読んでみるのもいいかもしれません。ただし、行動とは嘘はつきません。動いた分だけ返ってくるものです。苦労の中、あなたががんばって行動したのですから、しっかりとあなたのもとに返ってきます。
夫の気持ちが一変し、仲の良かった時期以上にあなたや子供の事を優先してくれるようになるものです。 飲みにも行かず真っ直ぐ帰り、帰りがけにはいつも何か食べ物を買ってきたり産後には子頭脳で疲れていてもずっと子供の面倒をみるくらい変化するものです。父親とは何かのきっかけが必要で、あなたの行動によって夫も動かされたのです。
あなたに対しても愛を沢山伝えてくれるようになります。家事や育児を完璧にしなくていいし休んでいていいと言ったり、仕事が休みの日には眠らせてくれて主夫になってくれるものです。

まとめ

行動に移すことで不安がすぐに100%なくなるわけではないですが、不安な毎日をただ黙って過ごすよりは自分が相手にどれだけ愛があるかを伝えたりすればきっと届くと信じるようになります。しかし、見極めが大事で、いつまでもダラダラとしていく様子であれば離れる覚悟をしっかり持ち自分が自立出来る自信を相手に見せつける事で相手は未練があれば考えを改めてくれるはずです。だからこそ何が起こっても良いように、二つの道を歩いていける様に準備はしておくおくのが大事です。