熱中症対策「アイススラリー」凍らせて飲むポカリを夏限定で販売[体内ヒンヤリ効果]


熱中症対策として大塚製薬がこの夏限定で凍らせて飲むポカリ「アイススラリー」を販売しました。これからどんどん暑くなるこの夏。特に40度も越える地域もあります。アイススラリーを飲んで、しっかり体内からヒンヤリ効果を実感しましょう。

「アイススラリー」凍らせて飲むポカリを夏限定で販売

大塚製薬からこの夏に向けて新商品の販売です。大塚製薬は7月12日、ポカリスエットの新商品「アイススラリー」を夏季限定で発売しました。

アイスラリーは氷よりも素早く摂取できる利点があり、体の内側から冷やしながら、水分と発汗で失われた電解質を補給できるようになっています。さらに面白いのが、常温保存が可能で、溶けた後でも再び冷凍すれば「飲める氷」になるので、購入後にすぐに全てを消費する必要はありません。長年、啓発活動などで熱中症対策に取り組む大塚製薬は体内から冷やす新しいポカリスエットをイメージして開発したそうです。

入手方法は?

夏の暑さの中で活動する人たちをサポートしたいとしている。100グラム入りで価格は税別180円。大塚製薬の通信販売サイトのオオツカ・プラスワンのみ現在のところ販売しています。ぜひとも、通販だけでなく、市場にも販売できるように拡大して欲しいです。

飲み方

アイススラリーは、液体に細かい氷の粒子が混ざった氷飲料で、冷凍庫で4時間以上凍らせて、手でもみ柔らかくしてから飲むのがいいらしいです。また、常温で9カ月保存でき、氷が解けた後に再冷凍しても元の状態を再現できるるので、非常用としても活躍してくれそうです。