徳島「なると金時」クレーンゲームの景品に?淡路島は「玉ねぎキャッチャー」

最近何かと話題のゲームセンターでよく見かけるクレーンゲーム。徳島「あらたえの湯」ではユニークなものが景品となっています!!なんと地元特産品の「鳴門金時」通称「なると金時キャッチャー」です。淡路島では「玉ねぎ」がクレーンゲームの景品。その名も「玉ねぎキャッチャー」本日は、そんななると金時キャッチャーと玉ねぎキャッチャーについての記事です。

徳島「鳴門金時」がクレーンゲームの景品に?


徳島に訪れる観光客らが夢中になって遊んでいるのはクレーンゲーム。鳴門海峡を挟んで”特産品である鳴門金時ゲットに向けた壮絶な戦いが繰り広げられているようです。ボートレース鳴門の隣接地にある「鳴門天然温泉あらたえの湯」では2017年11月のオープンと当時に、1階にある土産物店の入り口に鳴門金時が景品であるクレーンゲームを設置。その名も「なると金時キャッチャー」。それが意外と人気となって、現在ではのぼりまで作ってしまい、名物クレーンゲームとなっています。

なると金時キャッチャーは簡単?


クレーンでなると金時をつかみ取ると、獲得した1本に加えて2、3本がプレゼントされるシステムとなっています。本数は出荷の時季や量に応じて変わり、品がそろわない場合は別の商品がもらえるようになっています。休日には数十人が挑戦し、これまでの1日最多は159人だと言われています。特に観光客は面白がってやってくれるそうで、わざわざ、このクレーンゲームのために来る人もいるそうです。あらたえの湯も「難易度は高くないのでぜひ楽しんでほしい」といっています。

イベントで大鳴門橋架橋記念館エディにも

7月下旬には、大鳴門橋架橋記念館エディにも限定で設置しています。夏休みの特別イベントで、8月末まで置いておく予定となっています。有料入館者1人に対してコインを1枚差し上げ、チャレンジしてもらう。無料でチャレンジすることができますので、興味のある人はどうぞ!!!

淡路島では「玉ねぎ」が景品としてクレーンゲームに?


一方で、淡路島では特産物でる「玉ねぎ」が景品としてクレーンゲームの景品として人気となっているようです。その名も「たまねぎキャッチャー」があるのは、大鳴門橋のたもと近くにある「うずの丘大鳴門橋記念館」です。数年前のから設置されているようです。料金は1回100円で利用できます。

簡単に取れるように工夫?

タマネギをつかんで取り出し口まで運ぶと、1・5キロ分のタマネギと交換してくれるシステムです。約5個入っています。昨年11月には、つかみやすいようアームを2本から3本タイプの機種に変更することで人気がさらに増し、休日には行列ができ、多い時では30人以上が並ぶほどです。

まとめ

クレーンゲームは購入した方が安いのではと冷めた意見もありますが、この状況や熱くなる気持ちを楽しむためでもあります。テーマパークの乗り物にお金を払うのと一緒で、何か楽しみをお金で買っているようなものです。その結果、景品をゲットできたらラッキーって感覚です。今回紹介した、鳴門金時、玉ねぎを景品にしたクレーンゲームは、面白いアイデアだと思います。こういったものが次々と出てくることが楽しみです。