【無印ペンケース】スリムで便利すぎる!購入レビュー[メリットとデメリット]

おすすめ, 無印良品

Free-Photos / Pixabay

本日紹介するのは無印のペンケースです。ダイソーやセリアにもありそうなペンケースですが、そこはやはり無印良品。機能面やちょっとしたデザインで差別化。

今回はそんなスリムで多方面で便利に活躍できる無印のペンケースの購入レビュー記事です。リアルな感想なのでメリットやデメリットも書きました。購入する際の参考としてお使いください。

無印良品のペンケース[購入レポ]メリットと改善点紹介


持ち運びのできる画材の筆入れが壊れてしまい、収納にも困っていて収納と持ち運びの両方いけそうなものを探していた時に見つけました。

筆のサイズは小さめですので簀巻きだとすぐに外に飛び出てしまって収納や持ち運びにも不便でしたしスケッチするときに風で筆が飛ばされることもあったのと別のものを使用したい時にはスムーズに入れ替えができて常に何かに利用できるもの。

オールマイティに使用できるものを探していて、なおかつ収納するときにはなるべくスペースを取らない。ケースそのものがとりだしやすい。

それに、私はちょっとアレルギーがあって触れるものの材質によってはだに合わなくてかぶれることもあるのでかぶれにくいものを常に探してました。

ようやく見つけたのがこの商品でさすが日本製で肌に触れてもかぶれることは一切なかったのとオールマイティに利用できるので助かりました。

【無印】ポリプロピレン[ダブルペンケース]紹介


商品の特徴としては筆記用具を収納、持ち運びのできるケースで幅の狭いほうと広いほうにそれぞれ開閉口があり、どちらかのみ使用するときには片方を開けばいいだけというシンプルな造りになってます。

幅の狭いほうは消しゴムやミニステプラー、付箋、クリップなど小物を収納するときにとても便利なもので広いほうはペンシル、ボールペンやマーカーなど長めのものを収納するときにとても便利に作られています。

また、半透明にすることで何が入っているのかわかりやすいようにもできています。

触り心地は少しザラザラとしていますが持ち運ぶ時に滑りにくいような作りになっていますので落下しにくいつくりにもなっていますし、日本製ですので保管Pポリプロピレン製品に比べると丈夫につくられています。

ペンケースを使った感想


筆記用具を入れようとしましたがすべて収納することができなかったので画材の小さめサイズのチューブ絵具の収納を試してみたところ、きちんと入ったので急遽変更したら収納スペースが広がり、他のものを収納と整理することができたので出し入れをする時間帯が大幅に改善されて変化が大きかったと思います。

その時間を制作時間に費やすこともできるようにもなりましたし、他の仕事の方にも影響が出なくなってはかどっていくようにもなりました。

また、持ち運びするときもチューブ絵具もいたみが減って物持ちがよくなったのと頑丈なのでバッグの中に入れておいても液漏れの心配も少なくなったと思います。また、持ち運びする筆を入れる際もコンパクトで済むようになったので荷物もスマートになりました。

メリット


シンプルなデザインで開閉もしやすく、スペースも思ったほどとることがなくメリットとしては大きいと思います。

半透明な分、何が入っているのかわかりやすく、不足しているものもすぐにわかるので補充もしやすいのと、仕切りがきっちりで来ているのと開閉する箇所がそれぞれあるので広めのスペースの分とその反対のスペースの分、それぞれ片方しかしようしない時にはとても便利だなと思いました。

シンプルなつくりなので汚れた時の掃除もとてもしやすく、拭き掃除もとても楽ですし、殺菌するときにも広げやすく、半透明な分、日光もそのまま通すので消毒もしやすい造りをしているので綺麗好きな人には重宝しているのではないかと思います。

また、他にもいろいろと使いまわしができる便利な品物だと思いました。

改善点

tookapic / Pixabay

開閉部分のつなぎ目のところが少し気になるのですが切れ目がはいってしまうとそこから寿命がきてしまいがちで使用するときには細心の注意が必要です。

開閉のところの凹の部分は使用していくうちに消耗していくだろうから今度は締まりにくくなりがちなのでそこから中身が飛び出てしまうこともあります。

また、シンプルな故のつくりなので持ち運んでいる最中に揺れてしまい、鉛筆、シャープペンシルの類は芯が折れてしまったりしてそれを防止するためのクッションと仕切りが必要になります。

実際に芯も折れてしまって一時使い物にならなかったこともあるので別のケースには予備を入れておくかクッション材を入れるか対策をしなければならないのがデメリットです。

おわりに

水彩画など絵を描く人で教室まで習いに行っている人や絵描きさんなど、画材収納に困っている人にとても向いているかと思いました。

現在の学生はどういうものを使用しているのかはわかりませんが絵描きの人の場合、クロッキーやデッサンをすることも多いし、スケッチをするときに水彩絵の具を入れたり携帯用の絵筆を入れておくのと、短めの木炭を持っている人、デッサンをする人は特に重宝されると思います。

また、会社員の方でもメモを置くことがあるので付箋などちょっとしたメモとペンを収納するのにも便利が良さそうです。

付箋のみ収納してデスクに置いておいていざ使うときにはそこから取り出して使用もできるのでそういった方向けだと私は思いました。最期まで読んでいただきありがとうございました。