【無印】人気商品[キャリーケース・バッグ]使った感想体験記事とデメリット

おすすめ, 子育て, 無印良品

新婚旅行に行く際に夫がネットの口コミをみて同商品の35Lサイズを購入。7日間の海外旅行で使用してみた結果、私が持って行った他ブランドのキャリーケースとの使い勝手の違いに驚きました。

私のキャリーケースは必要最低限のものしか入れなかったのに本体がそもそも重く、旅先のヨーロッパでは石畳で段差が多く、急な上り坂下り坂も移動しなければならなかったためそれはそれは苦労しました(汗)

結果、夫もカメラなど精密機械を持ちながら私の荷物持ちも手伝ってくれましたが、せっかくの新婚旅行だったのに残念ですね。

そうした経緯があり、次回の旅行では自分用に買い換えたいと思っていたので購入しました。

サイズは5つ展開があり(機内持込み可~10泊目安の大きなものまで)、旅行の往路は荷物は少なくても、復路でお土産も沢山入れられるようにしたかったので、夫が既に持っていた35Lより一回り大きい62Lを選びました。

無印キャリーケース購入体験記事紹介


まず、商品名にもあるように持ち手の高さを数段階で調節できるので、サブバッグの紐の長さによってはひっかけて持ち運べる点が便利です。でもこれは他のブランドでもあるあるなので序の口ですね。

私が地味に嬉しかったのが、キャスター(車輪)ストッパー付きのため、動きがちな電車やバスでの移動時も安心だったこと。キャスターにストッパーがないと脚の内側で挟んだり、周囲へ転がらないよう変な気を揉まなきゃならないですものね(汗)

また、キャスター(車輪部)の工夫として縦・横・斜めにくるくる移動しやすくなっているので方向転換しても足元でモタつくことなく移動できました!

サイズ展開は5種類( 機内持込み可~10泊目安の大きなものまで)あり、サイズの組合せによってはマトリョーシカのように収納可能。

ちなみに色展開は私の購入した店舗では4種類でした。開け閉めはファスナーで簡易的かと思いましたが、鍵付きだったのでよかったです。

使った感想

Victoria_Borodinova / Pixabay

とにかく使い勝手が良かった経験から、旅行で重宝しています。元々使用していたキャリーが重く運びづらかったので、不満だった点が解決できたのは大きいですね。

快適すぎて周りの人にオススメしまくっています。無印良品の回し者か?ばりに家族や友人、旅行好きな人に感動体験を語っていますね(苦笑)。

また、同社の商品はカテゴリーによって自社規格を徹底しており、あるアイテムの中に更に違うアイテムが収納できる規格になっていたりと工夫が満載!例えば今回は62Lの大きさを購入しましたが、なんと87L、104Lに収納できるそう!

これ、すごくないですか?小さな製品だけではなく、キャリーケースも収納面での利点があるなんて、流石です。

旅をする上で荷物の持ち運びしやすさは結構大事だと思うので、
また次回の旅行へのハードルが低くなったんじゃないかなと感じています。

メリット

josealbafotos / Pixabay

すでにメリットはお話していますがまとめます!無印良品のハードキャリーケースは本体自体が軽いうえ、移動時の静音性に優れています。

キャスターも改良を重ねたようで縦・横・斜めと、ふいに動かす感覚もとても軽いです。これって旅行する際、荷物を多く持ち歩かなければいけない際に一番重要なポイントだと思うのです。

19L、35L、62Lサイズは更に上の87L、104Lに収納できる!旅行後、自宅に保管するときに考えものなのが、場所をとってかさばってしまうこと。

無印良品のキャリーケースなら、サイズの組合せによっては互いに収納することができます!夫と私が持っているのは35L、62Lのため

このふたつではマトリョーシカのように収納は残念ながらできませんでしたが、
必要な荷物が持ち運べるサイズ感が購入の条件のうちの一つだったため、特に問題ありません。

デメリット

Free-Photos / Pixabay

軽く持ち運べる素材を使用しているのがメリットな反面、説明書によると、使い方や過度な湿度にさらすと変形する恐れがあるとのこと。

私は購入する際のポイントとしてコスパ◎が最優先だったため、
数年集中して使ってダメになるならいいかな、くらいの気持ちなのでたいしたことありませんが、強度を求める方にはオススメはしません。

荷物を預けることになると多少は激しく扱われると思いますが、先日の乗り換え2回20時間ほどの長旅では大丈夫でした!注意点といえば、良くも悪くもかなりシンプルなデザインのため、他の人が誤って持っていかないように

目印としてステッカーやバンドなどで自分のもの!とわかるようにした方がいいです。ただでさえ旅先では時間が限られており、先を急ぐのは自分だけではないので…念のため。

まとめ

  • 国内旅行・海外旅行問わず荷物の持ち運びで不便したくない方
    →これは年代・旅先に関わらずほぼ皆さん当てはまるのでは?
  •  バックパッカーとまでは行かないけれど荷物は最小限で行きたい方
    →私はこれでした!そこまで荷物を減らすことはできないけれど、キャリーケースを持つならスイスイ運びたい方におすすめです。結果大満足でした。
  •  スリや犯罪に巻き込まれないために手元の荷物の運び勝手を重視したい方
    →心配性な私はこの点も大事でした(汗)
    ただでさえ慣れない環境で警戒心持って行動するのに、荷物が運びづらい!しんどい!なんて状況にはなりたくなかったので。タイヤ部分が双輪で四方にスイスイ動くので、なかなか運びやすかったです。
  • ストッパー機能が欲しい方
    →電車やバスの中でも足元に置いておきたいですよね。
    ※突然の急ブレーキ、荷物の詰める量やバランスによっては倒れたり、うまくストッパーが効かない可能性もあり得ますので、あくまで荷物から目を離さないように注意しましょう!