徳島「くらもと日の出」アニメ銀魂のキャラ菓子で人気!予約は半年待ち状態?

2018年11月2日


徳島市蔵本元町になるお菓子屋さんが日本で話題になっています。アニメ銀魂のキャラ菓子がとても人気で、予約はなんと半年待ちとか?そんな今注目の「くらもと日の出」とは?

「くらもと日の出」アニメ銀魂のキャラ菓子で人気

現在話題の「くらもと日の出」では、アニメキャラクターをかたどった和菓子「キャラ菓子」を仕事の合間に少しずつ制作していました。そんな中、人気アニメ「銀魂」の公式和菓子製造に取り組んでいることで注目を浴びています。
2009年、くらもと日の出は「和菓子作りの技術を生かしてアニメ関連の創作ができないかと考え、あんと羽二重餅を混ぜた原料で花などをかたどって作る約5センチ四方の和菓子「練り切り」を応用したキャラ菓子作りにガンガンチャレンジしています。

SNSでも人気

ツイッターでもアニメ愛好家を中心にフォロワーは1万2000人を超えており、「素晴らしい再現力」「カワイイ」「おいしそう」などと非常にたくさんのコメントがついています。アニメやゲーム関連会社から依頼を受け、販売促進用などに製作することも年に数回あるようです。全国でも注目を集める店長の作品の高い完成度に目を付けた、アニメグッズなどの企画・販売を手掛ける「稲ノ部」が、2018年4月に一般販売用の商品製造を正式にオファーすることで今回の話が決まりました。

予約は半年待ち?

複数の候補作品の中から店長さんが特に興味のあった「銀魂」を今回はチョイス。デザインを決めて2018年5月30日に予約受付を始めたところ、250セット、1250個以上の注文をこなすだけで半年以上かかるという非常に大がかりな作業です。
普段の仕事の合間に、少しずつ注文キャラ菓子を作っていくのが現状みたいなので、時間がかかるみたいです。人気なのは嬉しいですが、手作りならではの苦労が伺えます。
店長さんは「ゲリラ的に作品を発表してきた自分に公式商品の声がかかるのはうれしいし、とてもやりがいを感じる。アニメファン以外も含め、全国の人に食べてもらえる絶好の機会なので、楽しみながら作りたい」と今回のキャラ菓子作りをとても喜んでいる様子です。

銀魂のどんなキャラがいるの?

「銀魂のキャラ菓子は、坂田銀時、土方十四郎、沖田総悟、神楽、エリザベスの5種類が現在販売しています。同じキャラクターが5個入っているセットがあり、価格はそれぞれ税込み2980円となっている。注文は現在オンラインのみで、店頭で受け取れる場合は送料が無料となります。気になる人はチェックしてみてください。