「産後 ・義母にイライラする悩み」体験談と解消方法紹介

besnopile / Pixabay

義母との関係はそれほど気にはならなかったが、出産後、離乳食前後くらいから私の作るもの・義母勝手に作ったものを子供に食べさそうとしたりして、イライラやストレスを感じるようになった経験ありませんか?今回は実際に離乳食が終わり義母のありがた迷惑のおかげで苦労したある義母と同居している主婦の体験談とどうやって解決したか解消方法を紹介してくれました。どうぞ参考にしてください。

「自分が作ったご飯を勝手に食べさせる義母にイライラする悩み」体験談と解消方法

ちょうど子供の離乳食が終わりだんだん普通の食事をするようになりました。すると自分の作ったご飯を食べさせくなったようです。元々味付けの濃い料理が好きな人なので正直大人でもしょっぱいなと感じるほどでご飯と一緒に食べないと食べれないようなものばかりでした。それを離乳食が終わったばかりの子供にあげるのは無理があると思いました。
最初は味付けの薄いものをあげないと濃い味付けに慣れてしまうと大変なのでとやんわりと伝えていました。しかし聞く耳を持ちません。自分の料理がいかに美味しいかどうしても食べて欲しいと言わんばかりの態度で私のいうことなんて聞いてくれませんでした。

義母が子育ての先輩と思っている、私の話なんて聞かない

Free-Photos / Pixabay

何度言っても自分の料理をあげようとします。もちろん私が阻止していました。しかし毎回気まずくなっていました。何度言っても私のいうことなんて聞きたくないのだと思います。自分が一番正しいと言わんばかりに威張り通してくる態度に私も次第にイライライしてきました。
私はまだ子供が小さいから大変だろうということで義母の作るご飯を食べていました。しかし嫌いになりすぎて義母の作るご飯さえ食べたくなくなりました。義母を見るだけでも嫌になりました。

同居内であるが別々でご飯を食べることで解消することに

sasint / Pixabay

私はご飯の時くらい楽しく食べたいので、自分たちの分は自分たちで作ることにしました。そして食事も今まではリビングでしていましたが、二階の自分たちの部屋に運んで食べるようになりました。義母はその態度が気に入らなかったようです。
しかし食事くらい誰にも邪魔されずに家族三人で取りたいと思いました。だから何を思われようと私はそれを貫きました。最初の頃はやはり自分の作ったものが一番美味しいと思っているのでこれ作ったらかという具合に進めてきました。だけどもらったら終わりだと思い一切もらいませんでした。

デメリット

デメリットがあるとしたら食費が余分にかかる程度のことです。今までは義母が好きなものを好きなだけ自分のお金で買っていたので私たちはお金を出していませんでした。しかし自分たちの分は自分たちで用意するようになってからは買い物なども自分たちでするようになりました。だからお金はかかるようになりました。しかしそれくらいであとはとても快適です。

環境の変化

gpalmisanoadm / Pixabay

食事を別にしてからは不穏な空気が流れるようにはなりました。そして食事を別にしたいら今度は食材を勧めて来るようになりました。勝手に野菜やきのこ、肉などを買ってきてこれ使ってという具合に勧めてきます。
私は1週間分の献立を考えてそれに見合った量だけをなるべくまとめてスーパーで購入するようにしていました。だから急に食材を使ってと言われると正直戸惑いました。自分の考えていたメニューも変更しなければいけないので二度手間になることがありました。

まとめ

私の友人はことごとく同居に失敗して一人は実家で暮らしていて、一人は家を建てました。だから友人にはすごいねと尊敬されます。しかし実際のところ同居した方が生活費はだいぶ浮きます。まず家賃はかかりません。何度もアパートを借りて暮らしたいと思ったこともありました。
しかし生活費を考えて断念しました。だから友人や知人に本当にうまく行くのかと質問されたら、私はうまく行くと答えると思います。人間何かしら我慢しなければなりません。だから私は生活費を抑えてその分で家族三人で旅行に行くようにしています。