徳島「英語村」オープン!!英会話を学ぶためのネイティブのみの最強施設

2018年10月16日


徳島市佐古に英語村がオープンします。英語村って?そこに入れば、英語しか話すことができない全てが英語のネイティブオンリーの英語施設!!徳島のみなさん!海外に留学する必要はなくなりました。これからの留学先は英語村みたいです。今回はコース内容や料金についてまとめました。

徳島市に「英語村」ができちゃった話

徳島「英語村」オープン!!が2018年8月に佐古1番町にオープンしました!!!県外にも英語村ってありますけど、とうとう徳島にもやってきたって感じです。グローバル化が進む中、オリンピックに向けてますますニーズがありそうな施設です。


英会話教室ってのは徳島でもありましたが、この英語村はちょっとその類とは違うみたいです。その施設に入れば、あなたは外国に入国したようなもの。つまりそこに入ると帰るまで英語しか使っていけない!となんとも厳しいような、まさに1つの村が建物内に出来上がっています。

施設内容

詳しくはこちらの公式ホームページhttps://englishvillage.jp/で確認することができます。対象者は子供〜高校生となっています。将来的には大人も受け付ける体制になるようです。建物は5階立てになっており、それぞれにユニークなエリアを備えています。例えば、音楽室や科学室、そして体操室や映像室など、英語を使っていったいどんなことを学べるのか楽しみでしかたありません。

コースが多様

英語村で提供されているコースはレベルや目的に合わせて選ぶことができます。コアコースとプロジェクトコースは別々に選んでとることができますが、基本的に週に1回コアとプロジェクトを連続で受講する生徒がたいはんみたいです。

コアコース

「Core Course」では英単語、英文法、読解、リスニング、文章作成、英会話の能力を習得します。Oxford出版社[Let’s Go]のテキストを使い、英語の4技能「書く・読む・聞く・話す」を学びます。授業は50分となっています。
また、洋書を使った宿題もあるみたいです。もちろん、洋書の難しいものではなく、簡単なものからスタート!私達の知っている「赤毛のアン」「ピーターパン」他に有名映画の洋書も豊富に取り揃えています。物語の内容をすでに知っているので読みやすいことは言うまでも無いです。それで速読力を鍛えることもできます。

プロジェクトコース

人気の「project course」では英語でコミュニケーションをとりながらプロジェクトを完成させるコースです。「クッキング」「プログラミング」「アート」「演劇」「音楽」「スポーツ」など楽しいプロジェクトに熱中しているうちに英語で話している自分に気づきます。こちらも50分となっています。
そのほかにも英検などの試験対策コースや英会話が得意な人向けのコースも用意しているそうです。

料金について

気になるところは月謝…つまり料金かと思います。公式ホームページでは公開されていませんが、そんな塾でも入会金と月謝と諸経費が必要になってきます。入会金は10000円前後、月謝は各コース9800円前後「こちらは小学生〜高校生で値段がかわります。」おそらく、第一ゼミに在籍している生徒は、割引制度はあると思いますが、英語村だけに行かれるのであれば、これくらいの料金が必要になってくると予想されます。

英語村は第一ゼミだった

新聞などで英語村の広告を見かけますが、今回英語村プロジェクトを作ったのは有名な進学塾である第一ゼミみたいです。徳島駅前の有名塾の1つである第一ゼミ。小学生から高校生まで通学し、医学部進学に強い進学塾の新規プロジェクトのようです。
そんな最強のバックがついた英語村はオープン時から人気がすごそうな気がします。これからの英語村に目が話せません。あなたも佐古あたりを車などで通る機会があるならぜひ英語村に立ち寄ってみては?

まとめ

2020年度から小学校の英語教育義務化が進む中で、徳島県でもいたるところで英語教育に力を注いでいます。我が子もなんとかなるかではなく、これからの時代にいかについていく、または先頭に立っていくかと考えたときに、少しでも英語環境に触れさせ、慣らし置くことも大切なのかもしれません。